2014年3月17日月曜日

裏方だより 終

こんにちは。
『リスタート!』の舞台監督みやとんです。

リスタート!を見に来て下さった皆さん、
本当に本当にありがとうございました。

舞台はお客さんがいて初めて完成するんだなー。
とまた改めて思いました。


反省はたくさんあります。
今回はプロの力を借りずに、
音響や照明、舞台セットといったものをやったけど、
それにも限界があるのかなーとか。
舞監がスポットライトをするのは今後は絶対にないようにしないとなーとか。
もうありすぎて。

アンケートも全部読ませてもらいました。
厳しい意見も、嬉しい感想もあってありがたいです。
お金を出して舞台を見に来てくれる
それがどういうことなのか。
お金を取って舞台を見せる
それがどういうことなのか。
劇団5-4が考えることはたくさんありますね。
課題が山積みってことは、
伸びしろが多いってことでもあるけれど。


個人的には、
久しぶりに舞台に関わって、
パンフレットとか舞台セット作りにワクワクして、
スケジュール管理にあたふたして、
みんなの練習風景を眺めて嬉しくなって、
とても楽しかったです。
パンフレットの表面。
道、夕日、虹、靴、ビルの写真と足跡。
見に来てくれた方に自分なりの意味を考えて頂ければ幸いです。

『リスタート!』は、
私もモラトリアムな学生なのでぐグサッとくる歌詞が多くて、
自分のこれからについても考えることが多くて、
そのヒントをもらえた舞台でした。
大好きな作品です。

こんな機会をくれた団長のごーしさんや、
素敵な仲間たちに感謝でいっぱいです。

大切なものを大切にできるように
どうやって大切にしていくか考えよう。
伝えたいことが伝えたい人に伝わるように
どうやって伝えていくか考えよう。


これから劇団5-4がどうなっていくのか私もわかりませんが、
劇団5-4をこれからもよろしくお願いします。